水彩画の紹介 Feed

2016年5月15日 (日)

「新緑のお宮」

235こいのぼりの泳ぐ季節。爽やかな風が、ほほをなでる。耶馬溪の新緑は、特に美しい。木々の枝先に、新しいはっぱがついて、まぶしいくらいだ。耶馬溪町の雲八幡の森も魅力的だった。千年杉が元気にすっくと立っていた。

2016年4月16日 (土)

「昨夜の地震」

003熊本地震。こんなに近くで、M7.1の地震が来るとは、びっくりである。被害も大きい。大分県でも、かなりゆれた。それが、何回もゆれるのだ。怖い感じがする。普通は、地震があっても、数回で、静まるのに、今回は、ちがう。連日、しかも、何回もゆれるので怖い。ガラスががたがたする音を聞くと、またかと思う。断層ががあるのも、ニュースで知った。

2016年3月31日 (木)

「久しぶりに」

002久しぶりに耶馬溪町の津谷に行ってみた。奥のほうの永岩城のあった所に、厳浄寺がある。山門をもった立派なお寺だ。お城があったときからの歴史がしのばれる。寺から見える城の遺跡、静かにさみしく残っている。周りの山の紅葉が、美しかった。

2016年3月15日 (火)

「春が来た」

006県北にも、やっと春が来たようだ。暖かい日もあったが、寒い日もあって、体調を壊した人も多かった。散歩をしていると、木々の枝先が少し色づいている。若芽が動き出したようだ。庭のもくれんも満開。気持ちのいい春がそこまで来ている。

2016年3月 3日 (木)

「雪の降った日」

004今年の冬は、雪が少なかった。しかし、零下5度の日があって、凍結して、断水。風呂にも炊事にも困った家庭が多く出た。あまりなれていないので、油断したようだ。市役所も対応が大変だったようだ。寝る前に、蛇口の水を少し出していたので、水は困らなかった。この絵は、耶馬溪町の小河内の農家です。雪の残る屋根が印象に残った。

2016年1月30日 (土)

「競秀峰の春」

024青の洞門のオペラが3月に開かれる。久しぶりのオペラなので楽しみだ。洪水の後、堤防ができて、周りの風景が変わっているが、周りの風景は、変わっていない。大事にしたい風景である。

2016年1月 6日 (水)

「めがね橋」

008今年の冬は、おかしい。暖冬のようだ。紅葉のついた木もまだついている。つつじが咲いているし、梅の花も咲いているらしい。ラジオでせみの抜け殻が見つかったという便り。おかしい。温暖化の影響だろうか。

2015年11月15日 (日)

「山郷の景」

021中津市耶馬溪町大野。柾木地区の風景です。坂道を上がっていくと、急に視界が開けてきます。田んぼ、家々、赤い屋根、木立、ガードレール、電信柱。のどかな風景だ。こんなところが、好きだ。空き家も増えているそうだ。

2015年10月31日 (土)

「奥耶馬の秋」

001秋が来た。暑かった夏も、いつのまにか秋になった。紅葉も始まっている。かかし祭りの人形が、田んぼに並んでいる。人形のつくりかたが上手になっている。秋の日差しを受けて、のどかな山郷が輝いて見えた。仲間たちとの芋に会。楽しいひと時を過ごした。

2015年10月15日 (木)

「コスモス祭り」

02610月11日から、コスモス祭りが始まった。毎年、休耕田に、コスモスを植えて、秋のイベントにしている。毎年、コスモスを見に来る観光客が増えているようだ。山国町は、案山子ワールドで、人気が出ている。稲も黄金色に色づきコスモスも一層鮮やかに咲いてくれるだろう。