水彩画の紹介 Feed

2017年2月26日 (日)

「スイスの山」

004スイスの山は、どの山も頂上がうまく利用されているのに、びっくりした。登山もあるし、ロープウエイや登山電車なども利用して、観光に力を入れている。観光客も多い。長年の観光先進国。学ぶことが多い。

2017年2月 5日 (日)

「登山駅」

003スイスの登山駅です。ここから、トレッキングです。高山植物や、まわりの山々を眺めながらのトレッキングは、トテモ人気がある。途中で、お弁当を食べたのが思い出に残った。

2017年1月 8日 (日)

「アルプス」

004スイスは、観光がメインのお国柄。山の頂上までロープウエイや電車で上がる。自然を生かした観光に力を入れている。天気に恵まれたので、3つの名峰は、登ることができた。もう一つは、霧に包まれて、まったく見えなかった。トレッキングがあり、一つの駅から歩いて、高山植物や、牛たち、周りの景色、印象に残った。

2016年12月 2日 (金)

「スイスの古い町」

002スイスの古い町並みが見事に残っている。ホテルのつくりもしゃれている。窓には、花が飾られて、壁にもレリーフがあり、みずうみの青さとコントラスト。美しい。気持ちも明るくなる。のどかな風景だ。

2016年11月 5日 (土)

「マッターホルン」

001スイスの代表的な山、マッターホルン。その日は、雲が出ていたが、しばらくして山の姿が現れてきた。いいタイミングだった。こんなに見えるのは、めったにないそうだ。旅行は、天気で左右される。ありがたいと思った。4つの名峰の中で、いつだけ、霧の中だった。いいたびだった。

2016年10月 8日 (土)

「スイスの旅」

002スイスとニュウジーランドにいったので、スケッチ作品を展示することにしました。20点くらいになります。大きさは、4号の水彩作品です。11月の20日から、27日までです。場所は、吉富町の別府「さくら苑」です。よろしかったら、お立ち寄りください。

2016年9月19日 (月)

「てんねん寺」

234豊後高田市にてんねん寺がある。秋になると観光客が多い。川の中には、川中不動があり、近くには、てんねん寺がある。仏の里で、人気の里である。そろそろ、彼岸花の季節で、黄色や、赤の花が咲いている。のんびりとしたところがいいです。後ろの山に、橋が見えるのも、面白いですよ。

2016年7月31日 (日)

「民家の屋根」

214本耶馬溪町にこんな屋根の民家がある。中津日田道路の入り口近くにあるので、わかるのでは。蔵の上に屋根をかぶせた造りになっている。遠くからでもよくわかる。特徴のある民家だ。蔵の土壁、かきね、周りの山とちょうわして、トテモ面白い風景になっていると思います。

2016年7月18日 (月)

「ヨシの生える川辺」

237中津のじみ川を散歩すると、葦が生えているところがある。夕方になると、散歩をする人が多い。犬の散歩の人もいる。夕日が当たると、金色に輝いて、トテモ素敵な景色になる。とりのさえずりも聞こえてくる。突然、鴨が飛び立っていった。

2016年6月30日 (木)

「毛谷村六助の墓」

219中津市山国町に毛谷村六助の墓がある。歌舞伎にも演じられる有名な六助の墓である。英彦山に通じる槻木の部落に建っている。豊臣秀吉の朝鮮征伐のとき、活躍したそうだ。相撲が強く、力の強い若者だったようだ。