2018年6月 5日 (火)

山国川百景のシリーズを国会図書館に寄贈させてもらった。丁寧な受け取りの手紙が届いた。耶馬渓は、日本遺産に登録され、最近、いろいろなイベントが実施されている。大変良いことだと思っている。耶馬渓と名前をつけたはがきセットもできた。画集も残りすくなです。

2018年3月12日 (月)

「画集 3冊 揃う」

002山国川百景が3冊そろった。いままで、描いてきた作品がつまっている。振り返ってみると、良く頑張ったなと思っている。東京の白日会展にも、今年は、「山田の朝」50号の作品を出品した。同級生にも会うつもりだ。桜もそろそろ咲いてくれるのではと、期待している。

2018年1月30日 (火)

「花畑」

022パック旅行に行ったときの写真です。芝桜が満開だった。寒い冬。こんな写真を見ると、早く春にならないかなあと思ってしまう。部屋の中に入れている、観葉植物も、やっと生きている。頑張れよと声をかけているこのごろだ。

2017年12月17日 (日)

「寒くなった」

032今日は、ゆきがちらほら降っている。気温が低いのだろう。大平山にも雪が見える。庭に、百舌が来ていた。冬なので、膨らんでいるように見えた。あと2週間で、平成30年を迎える。どんな年になるのだろう。少しずつ、整理していこうと思っている。

2017年9月13日 (水)

「長屋門」

027片端町に古い長屋門が残っている。中津では、珍しい。こんな建物は、なかなか見られない。大事にしたいものだ。

2017年7月18日 (火)

「羅漢寺への道」

236本耶馬溪町の羅漢寺は有名である。江戸時代には、沢山の参拝者がいたようだ。豊前に来ると、宇佐神宮にお参りをして、つぎは、羅漢寺。そして、英彦山。このルートでおまいりしていた。旅をしてきた人の、旅行記に沢山残っている。今は、寂れてしまって、石畳の道をあるくと、周りの木が茂り、怖いくらいの道になっている。

2017年5月 4日 (木)

「お寺の春」

231今、展示をしています。耶馬溪町の雲八幡神社の横にある、古民家で、25点くらいを展示しています。新緑の季節。爽やかな緑の中。たちよってみませんか?とてもいい雰囲気の古民家ですよ。展示は、5月7日までです。

2017年2月26日 (日)

「スイスの山」

004スイスの山は、どの山も頂上がうまく利用されているのに、びっくりした。登山もあるし、ロープウエイや登山電車なども利用して、観光に力を入れている。観光客も多い。長年の観光先進国。学ぶことが多い。

2017年2月 5日 (日)

「登山駅」

003スイスの登山駅です。ここから、トレッキングです。高山植物や、まわりの山々を眺めながらのトレッキングは、トテモ人気がある。途中で、お弁当を食べたのが思い出に残った。

2017年1月 8日 (日)

「アルプス」

004スイスは、観光がメインのお国柄。山の頂上までロープウエイや電車で上がる。自然を生かした観光に力を入れている。天気に恵まれたので、3つの名峰は、登ることができた。もう一つは、霧に包まれて、まったく見えなかった。トレッキングがあり、一つの駅から歩いて、高山植物や、牛たち、周りの景色、印象に残った。